深澤翼の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
八戸はちのへハチノへ
本州最北端に位置する青森県へ行ってきました。
今日は一日目について。
朝、目が覚めると何故かテンションが恐山の方向へ。
最近たまたま見た本やTVで恐山が特集されていたからかな?と思いましたが、無性に行きたくなり 行くなら今しかないなと急いで荷物をバックパックに詰め込み、何も考えず東京駅の新幹線乗り場へ。
12時過ぎの新幹線に乗った。時間の経過と共に窓の外は穏やかな優しい景色にかわっていく。青森に着いたのは17時頃。
海鮮料理が美味しいという八戸市で一泊しようと思い、駅を出ました。
「のどかだなー。」
しかし何かがおかしい
あれ?…なんだろ…なんか違うな…んー…あ、…さむっ…寒い!!

完全に油断していました。僕の格好はいつものボロボロのネルシャツにしわくちゃなTシャツ。
辺りは暖かそうな上着を着た人がちらほら。
仕方ないのでポケットに手を突っ込み猫背になって歩き出した。

歩き出したはいいものの、右も左も分からない。すると良い感じの古着屋さんがあり、よしここで聞こうと思い、中へ入ってみることに。
店内に入るとイカツイ兄ちゃん達が。

こんにちは。この辺りに、ここは行っておけ!みたいな場所ってありますか?」

店員さん×4「んーそうだなー」

優しいお兄さん達は4人で「あそこかな?」「あそこだな」「いや、あそこだろ」「いやいや、あそこだろ」等と本当に親身になり色々と考えてくれている。しかし次第にボルテージは上がっていき...

「観光客相手の店は高いんだよ!どうせなら安くて美味い店に行ってもらいてえだろ!」
「バカそれはてめえが酔っ払って騙されただけだろうが!」

やめて、私なんかの為に争わないで!の心境でした。

しばらくこのような感じが続き、最終的にみなさんは「さめ八」というお店を教えてくれました。

「俺ら地元民がよく行く店でさ、この辺では多分一番旨いよ!」
そう言うとなんと地図まで書いてくれ、食べた方がいいよリストも作ってくれました。

「ありがとうございました!!」
感謝の念を伝え僕はお店を出ました。

最高です。いきなり人の暖かさに触れました。彼らのお店は本八戸駅を降り、道なりにまっすぐ行くと右手に見えてきます。本当にありがとうございました!!!

続きを読む >>
- / comments(13) / trackbacks(0)


090522_2326~02_0001.jpg
最近、書道教室へ通っています。まだ字を書く事は許されてないため、写真のそれを練習しています。楽しい。

今日は入門初日に起きた出来事について書こうと思います。

初めて降りた町なため迷いながらも、親切な方達に道を教えていただきなんとか道場へ着きました。
僕「あの、昨日お電話した深澤です…」

受付の方「あら、若い!!先生がお待ちですよー。どうぞ」

僕「はじめまして。深澤翼といいます」

先生「お、若い!!はじめまして、〇○です。」

先生「最初に言っておくが俺は書道界の嫌われ者だ。だからここに来る奴も変な奴ばかりだ。」
辺りを見回すと、一癖も二癖もありそうなおじいさん、おばあさん達が。
なんだ此処は…面白過ぎるぞ!と、ワクワクしていると

先生「君気に入ったよ。不良っぽいくせして善人ぶってる所が。俺は相手の眼を見れば分かるんだよ。」
もう最高です。僕は不良の要素ゼロですがそんな事気にしません。

そして先生は一人の講師の方を紹介してくれました。優しい雰囲気を持った腰の低い紳士です。
腰の低い紳士「はじめまして。○○です。」と言い名刺をくれました。そしてなぜか彼の手には一枚のアルバムが。
腰の低い紳士「あ、僕ロックバンドでベースやってまして。これ僕らのアルバムです。よかったら聞いて下さい」
ギャップです。完全に意表を突かれました。彼は申しわけなさそうにアルバムを渡してくれました。
気付けば僕はこの道場の虜になっていました。

とりあえず先生に筆使いや体の使い方を教えていただき、写真のそれをひたすら練習していました。

気付けば道場には先生と僕一人になっており、他の生徒さんはみなさんお帰りになられてました。
続きを読む >>
- / comments(15) / trackbacks(0)
カーテンコール

以前からお世話になっている白仁裕介さん(僕らは電車さんとよんでいます)が所属する劇団裏長屋マンションズの本公演第二弾となる「二丁目の奇跡」という舞台を見に行きました。
今でも新宿二丁目にあるという「どらま」というスナックを基に作られた作品なのですが、最高でした!
終了後、電車さんに「最高でした!ありがとうございます。」と伝えると、「ありがとう、これから劇団のみんなと初日お疲れ会するから来なよ」
いいんですか?って事でお疲れ会にまで参加させて頂けることに...
演じきった後のみなさんの顔はかっこいい!自分なりの感想をお伝えすると、「いい所見てるね、明日舞台の裏方手伝ってくれない?」
…いいんですか!?って事で次の日は裏方として参加させて頂ける事に!

段ボール切ったり、フライヤー作り、物販のTシャツを着ての実演販売、チケットのもぎり等をやらせて頂きました。ありがとうございます!

みなさんの邪魔になってはいけないと、僕の事は幽霊だと思って下さいなどと言っていましたが、みなさん「ありがとう」「お疲れさま」などと声をかけて下さり嬉しかったです。
そんなこんなでまた最高な人達に出会ってしまった...
阿久津さん峯田和伸さんのCDありがとうございました!!
5/24までです!
写真は裏長屋Tシャツ

劇団裏長屋マンションズHP
http://uraman.jp
- / comments(4) / trackbacks(0)
コドモだった昔もオトナになった今も
090514_2005~01.jpg
東京駅近くにある大丸で行われているムーミン展へ行ってきました。
本当に素晴らしかったです。トーベ・ヤンソンさん、こんなにも素敵な作品を残して下さりありがとうございます!
あなたの知らない東洋人の少年はあなたの事が大好きです。

お土産も豊富で、僕は手紙を出したい人がいるので ムーミンのかわいい手紙セットを買いました。
5/18までです!!
- / comments(6) / trackbacks(0)
関西

関西のおばさんと話をしていたらこんな感じになりました。

おばさん「関西スーパーってあるやん?」

僕「知りません」

おばさん「あるやろ」

僕「あるんですね。」

おばさん「東京にもあるやろ?関西スーパー。」

僕「いや、見たことないですね。」

おばさん「うそやん!関西スーパーやで?」

僕「うち関東ですもん。笑」

おばさん「あるって!うちのまわりぎょーさんあるもん!!」

僕「関西に住んでるからでしょ!」

おばさん「せやな笑」

僕・おばさん「ははは」

…文章にしてみるとあまり面白くないですね。笑
難しい!

因みに写真の方です。ずっと動いてるから何枚撮ってもブレます!すごいパワーです。


そんな話をした後、一人散歩をしていると、ありました。関西スーパー。
創業50周年を迎えられたみたいで(おめでとうございます!!)とても立派なスーパーでした。
- / comments(2) / trackbacks(0)
090501_0508~02.jpg
おはようございます!!
長らく更新を怠ってしまいまして、申しわけありません!

日記というより既に月報ですね...

再度この日記を訪ねて下さりありがとうございます 嬉しいです。

今年三度目の富士山

僕は今大阪へ向かっており、静岡で一休みです。

富士山はいつでも僕らをでかく向かえてくれます!

また後で。
- / comments(4) / trackbacks(0)
ティー・ティー・ウー
090330_0135~01_0001.jpg
電車に乗っていたら、小学校1、2年生位の子達が大勢乗ってきました。みんなキャッキャッ言っていて。
多分遠足かなにかだと思うんですけど。
しばらく眺めていて気付いたのですが、女の子達が積極的!
男の子に向かって
「ここ座りなよー」

「なに読んでるの?」
「お隣に来てお話しようよー」

男の子は恥ずかしさもあり、「うん…」とちょっぴりそっけない感じ。
あの頃はやけに女の子が大人に見えて、なんか勝手に必死だったなあ。
なかでも可愛かったのが、女の子達がバーッと席に座ってる所に男の子達がとことこっと来て

「詰めてよ〜…」

女の子達はそれをシカト(笑)

この関係は、きっと彼等が大人になっても変わらないんだろうなと思うとなんだか可笑しくなってきました。

気持は分かるぞ、男子!

そうだ、写真は僕が小学生の頃に給食で使っていたドラゴンボールのナフキンを載せよう。と、思ったのですが、見つからず...
代わりにスナフキンを載せます。
隣にいるムーミンパパの目が死んでいるのが気になりますね。
僕はムーミンが大好きで、この写真はアニメ版ムーミンの原画を書いていらっしゃる名倉靖博さんという方の画集からのものです。

因みにこの写真の作品は、みんなで彗星を見ながら食事をしている場面なのですが、ムーミンパパだけご覧の通りです。
好きだなあ。
- / comments(8) / trackbacks(0)
もうすぐ春
090324_0524~01.jpg
この季節になるといつもくしゃみと鼻水が止まらないんだよねって言ったら

「それ花粉症じゃね?」って言われた

ショックだ...

昨日は知り合いの方が80歳の誕生日を向かえたので、お祝いをしました。光を放ち続ける最高に格好いい方です。彼女はその日ステージで僕に向けて「暗い日曜日」という曲を歌ってくれた。

「アンタは私の最後の恋人だから」

涙が出そうになった
僕は本当にダメな奴なので、日々勉強です。

夜中一人で歩いた。友達に電話をしてみると会いに来てくれた。

渋谷-恵比寿-中目黒-目黒-五反田-中目黒
お金がない僕らは、ココアを一本ずつ買って歩いた(ココア好き)

彼のヘッドホンからは吉井和哉さんの曲が流れていた。
僕らは歌いながらずっと歩いた
お腹が空いた
すると彼はカバンから弁当箱を取り出した

「翼の事だから腹空かせてるだろうと思って」
おにぎりが二つ入っていた
辺りは寒いため、おにぎりはガッチガチに固くなっていたが、僕はおいしくて、おいしくて、一瞬で食べてしまった

氷が降ってきた

「翼は氷を呼ぶ男だね」

僕は「こいつ何を言ってるんだろう?」と思った

街路樹を眺めて歩く僕らは去年と同じ会話をしていた
- / comments(12) / trackbacks(0)
3/3
070111_0635~01.jpg
雪ですね。
傘をさすのが勿体無く思え、ささずに歩いてみたら とても気持よかった。 が、風邪をひきそうです。

もうすぐ冬も終わりですね。
僕は冬が好きだ。
友達数人と夜中、ココア片手に(コーヒー飲めないからココア)目的もなくふらふら歩く。
寒さのため誰も言葉は発しない。
目の前は自分の白い息。
誰かがたまに言う。

「さみい…」

ただそれだけ。
それでも歩く。
歩いて歩いてずっと歩く。
気付いたら朝日が上りだしていた。
こんな意味のない時間が一番好きだ。
この感覚を忘れないでさえいれば、富士山だって自分の部屋に持ってこられる。

なんだか自分でも読んでて恥ずかしくなる文章になってしまった...
しかし今はこれが自分の感覚を伝える精一杯の文章です!
- / comments(6) / trackbacks(0)
ベージュ

サボったーすみません。ブログの評判が悪く、監督達から「つまんねんだよ」「今日からつんちゃんのマザコン日記にしろ」などと言われ心が折れかけてしまいましてサボっちゃいました。(因みにサボるの語源はフランス語のサヴォタージュからきてるらしいです)
おもしろおかしく書くとかぼく無理なんで徐々に慣れていければなあって思います。(みなさんにお見せすると思うと緊張して手が止まるのです)
日記を書いていない間色々な事がありましたよ!また後日書くので暇な時にでも覗きに来てくれると嬉しいです。
写真は、最近ミラーボールが欲しいなあと思って。
- / comments(6) / trackbacks(0)